ApogeeDAXクロスオーバーレビュー

実際にはApogeeDivasとGrandsで使用するためのクロスオーバーですが、通常はプリアンプにあるグラフィックEQ機能を備えています。明らかに、Apogee Divaをお持ちの場合は、ストックのパッシブクロスオーバーユニットの代わりにこれを使用します(見つかった場合)。 続きを読みます

ソニーMDR-R10ヘッドフォンレビュー

私たちのレビュアーはSonyMDR-R10に非常に感銘を受けたので、「金メッキされているかどうかにかかわらず、他の限定されたアイテムをほとんど平凡に見えるようにしている」と述べました。ソニーは、この製品のあらゆる側面を特別なものにするために細部を惜しみませんでした。ラムスキンパッドと純粋なシルクの断熱材、リネン製のマニュアルが特徴です。全体として、「MDR-10は絶対にセンセーショナルな製品です」 続きを読みます



モニターオーディオスタジオ10スピーカーレビュー

オールメタルドライバーは新しいものではありません。行方不明のHi-Fiイヤーブックの古いコピーを持っている人は誰でも、無数の形状とサイズの金属製ウーファーとツイーターを提供した忘れられたメーカーのリストをガタガタ鳴らすことができます。ドライバー素材としての金属の現在の復活、... 続きを読みます



モニターオーディオリファレンス1200「ゴールド」スピーカーのレビュー

1200は、十分な高さと完全に満足のいく奥行きを含む、素晴らしく説得力のある3Dサウンドステージを生み出し、多くの大規模な競合他社と比べて遜色ありませんでした。また、「低音域の感触」をうまく再現します。高音は「シルキーで滑らかで、周波数スケールのはるか下で発生するテクスチャ...」です。 続きを読みます



ソナスファベールエレクタフロアスタンドスピーカーレビュー

Electaは、「スピーカーの物理的な表現に対処するのと同じように、スピーカーのパフォーマンスのあらゆる側面のバランスをとる方法で「万能薬」を持っています。その外観は「食欲をそそる」と表現され、サウンドパフォーマンスは「非常に音楽的であるため、固有の弱点は次のようになります。 続きを読みます

TDL Studio 0.5Bookshelfラウドスピーカーのレビュー

Studio0.5はStudio1の小型バージョンですが、それでも「真っ黒な仕上がりでコマンドを実行しているように見えます」。それは一貫性のためにスタジオ1と一致する「非常にコヒーレントなサウンド」を持っています。スピーカーが低音に理想的な位置に配置されたら、レビュー担当者はリスナーに「驚かされる準備をしてください...」とアドバイスしました。 続きを読みます





ATCSCM20本棚スピーカーレビュー

それほど大きなユニットではありませんが、ATCはSCM20に「大規模または高価なシステムでのみ見られる動的機能」を提供しています。実際、私たちのレビューアは、SCM20に課税する多くの資料をまだ見つけていないと述べました。また、ボーカル中に「疲労を誘発する「エッジ」」を回避します 続きを読みます

Apogeeステージ静電ラウドスピーカーのレビュー

Apogee Stageは、カルトファンが多い大型の静電スピーカーです。ミッドレンジの滑らかさと使いやすさは、これらのオーディオファンのお気に入りになっています。地震に注意してください、しかしそれまで-これらのスピーカーは素晴らしい音を出し、オーディオファンの歴史の大きな部分を占めています。 続きを読みます





JBL XPL90スピーカーのレビュー

XPL 90の詳細な職人技が組み合わさって、「死に近い共鳴を生み出し、スミアのない正確なサウンドの見返りを享受します」。私たちのレビューアによると、オーディオファンと「民間人」の両方からのこのモデルに対する反応は「満場一致で好意的」でした... 続きを読みます

CelestionSL700ラウドスピーカーシステムのレビュー

SL700は前作よりも大きな音で演奏しますが、この製品の本当の肉は低音であり、「より多くの重量と豊かさを伝えます」。イメージングは​​「正確で正確なままでした。」私たちのレビュアーは、それがとても絹のような響きであると感じました、「彼らはワームによって紡がれたかもしれません」。 続きを読みます

Audio Alchemy Digital Decoding Engine v1.0DACレビュー済み

AudioAlchemyの創設者であるMarkSchifterが、DDEv.1.0のような製品を販売していたチャリティー詐欺のためにポーキーに閉じ込められるずっと前に。あなたがその製品が気に入らなければ、彼はあなたに「ステーキディナーと彼のポルシェへの乗車」を提供するかもしれません。 「はい」と言う人に頑張ってください。 続きを読みます