Beale StreetAudioが壁内L / C / Rスピーカーをリリース

Beale StreetAudioが壁内L / C / Rスピーカーをリリース

ビールストリート-BLXPLCR401.jpgBeale Street Audioは、ホームシアターアプリケーション向けに設計された最初の壁内L / C / Rスピーカーを発表しました。深さ3インチ未満で、Sonic Vortexテクノロジーを採用した同社のPancakeシリーズスピーカーの一部である新しい双方向L / C / Rモデルには、2つの異なる形式があります。 IPLCR-BB 1インチのチタンツイーターとデュアル4インチのカーボンファイバーウーファーを備え、BXPLCR401(ここに表示)は1インチのアルミニウムツイーターとデュアル4インチのリブ付き射出ポリプロピレンウーファーを使用しています。 [更新、2015年12月7日:両方のモデルの価格が設定されました。 BXPLCR401の希望小売価格は399ドル、IPLCR-BBの希望小売価格は439ドルです。]



ビールストリートオーディオから
Beale Street Audioは、他に類を見ないリスニング体験のために、最初の左/中央/右チャンネル(LCR)スピーカーの導入により、建築オーディオの期待の水準をさらに引き上げています。超スリムな双方向の壁内「パンケーキ」LCRスピーカーは、奥行きが3インチ未満であり、ポジショニングとパフォーマンス機能を通じて、あらゆる場所のホームシアターシステムを再定義およびアップグレードします。



klipsch15インチパワードサブウーファー

LCRパンケーキシリーズは現在、2つのモデルで利用できます。1つはIPLCR-BBであるBeale Street Audioライン用で、もう1つはBXPLCR401であるXpressライン用です。 BealeのシグネチャーSonicVortexテクノロジーを搭載し、どちらのモデルも3インチ未満の超浅い深さを備えています。 IPLCR4-BBは、1インチのチタンツイーターとデュアル4インチのカーボンファイバーウーファーを備え、BXPLCR401は、1インチのアルミニウムツイーターとデュアル4インチのリブ付き射出ポリプロピレンウーファーを備えています。どちらのモデルも、92デシベルの感度で62 Hz〜20kHzの優れた周波数応答を実現します。

LCRパンケーキは、フラットパネルまたはスクリーンの周囲の左、中央、右などのアプリケーションに応じて、ステレオペアとして、または壁内のリアチャネルとして、垂直または水平に設置できます。どちらの配置でも、コンパクトで統合され、調整されたキャビネット内でBeale StreetAudioのパフォーマンスを向上させるSonicVortexテクノロジーによって可能になった、豊かで深みのある低音で同じ信じられないほどのサウンドをもたらします。この設計は、空気の動きを最適化して驚異的なサウンドを生み出します。超薄型LCR壁内スピーカーは、壁の深さが設置上の課題を提示する状況に理想的ですが、それでも高レベルのパフォーマンスが必要です。 LCR Pancakeスピーカーは、他のBeale Street Audioの天井/壁内スピーカーまたはサブウーファーとシームレスに統合され、オーディオパフォーマンスを犠牲にしない完全に隠されたオーディオシステムを求める人々にとって理想的なソリューションを作成します。



4kチャンネルはありますか

ライン全体で、Beale Street Audioスピーカーとサブウーファーは非常にスケーラブルであり、キャビネットの風量とポートの寸法の両方に対して無限の可変設計が可能であり、柔軟な設計オプションが可能です。 IPLCR4-BBは、Beale Street Audioを介してのみ販売店で直接入手でき、BXPLCR401はXpressラインにあり、正規代理店チャネルを介して入手できます。

ソニー4kウルトラHDメディアプレーヤーfmpx10

追加リソース
•• Beale StreetAudioがこれまでで最もスリムな壁内スピーカーを発表 HomeTheaterReview.comで。
•• Beale StreetAudioが4つのアンプとキャリブレーションアプリを発表 HomeTheaterReview.comで。