デノンは、高度なA / Vレシーバーの機能パックのアップグレードを発表しました

デノンは、高度なA / Vレシーバーの機能パックのアップグレードを発表しました

デノンlogo.jpg アップグレードにはいくつかの主要な便利な機能が含まれています10月1日からデノンのウェブサイトで利用可能になります



デノンエレクトロニクスは、その大切なお客様に、ハイエンドA / Vレシーバーのいくつかの高度な機能パックアップグレードで「バウンドレスエンターテインメント」の追加の機会を提供します。 10月1日より、アップグレードはDenon®のWebサイトから同社の所有者に100ドルで提供されます。4月-3808CIおよび4月-4308CI。 Audyssey DynamicVolumeとAudysseyDynamicが含まれますEQ、HDMI CEC(コンシューマーエレクトロニクスコントロール)ワンタッチプレイ、シリウスラジオ対応機能、ラプソディストリーミング機能。さらに、デノンの旗艦の所有者4月-5308CIレシーバーとAVP-A1HDCIウルトラリファレンス12チャンネルA / Vホームシアター/マルチメディアプリアンプは、Audyssey DynamicVolumeとSiriusRadioの準備を含むファームウェアアップグレードを無料で受け取ることができます。





デノンエレクトロニクスのセールス&マーケティング担当シニアバイスプレジデントであるジョースティンツィアーノは、次のように述べています。 「これは、デノンの並外れたエンジニアリング能力と、現在および将来の顧客ベースへの継続的な取り組みを浮き彫りにします。 100ドルの手数料で、顧客は自分のAVR3808または4308に出かけて、新しいレシーバーを購入する必要はありません。





ファームウェアアップグレード機能について

新しいに加えてHDMI CECユーザーが制御できる機能HDMI-を介して接続されたCEC互換コンポーネントHDMIリモコンが1つだけのケーブルと、Sirius Radioに対応している機能ファームウェアのアップグレードにより、ユーザーはRhapsody®サービスのメリットを享受できます。 Wi-Fiまたはイーサネット接続のいずれかを使用して、ユーザーはRhapsodyの豊富な音楽カタログに簡単にアクセスできます。MTV、VH1そしてCMT家のどの部屋でもプロがプログラムしたラプソディチャンネル。消費者は、ウェブサイト(www.rhapsody.com)から月額12.99ドルで利用できるRhapsodyサービスに加入する必要があります。



2つの主要なAudysseyテクノロジーの利便性は、ファームウェアのアップグレードによっても利用できるようになります。 Audyssey Dynamic Volumeは、テレビ番組とコマーシャルの間で放送素材が変更されたとき、または映画を見ているときでさえ、音量レベルの破壊的な変化からリスナーを解放する音量レベリングテクノロジーです。 Audyssey Dynamic Volumeは、プログラム素材の音量を刻々と監視し、ダイナミックレンジを最適化してインパクトを維持しながら、すべてのコンテンツに必要なリスニングレベルを維持します。この革新的なテクノロジーにより、ユーザーはリモコンの音量ボタンに常に手を伸ばす必要がなくなりました。同社によれば、Audyssey Dynamic EQは、音量が下がるにつれて映画や音楽の音質が低下するという問題を解決した最初のラウドネス補正技術です。再生音量を下げると、声が変化する傾向があり、低音が消え、サラウンドサウンドステージの包み込みが少なくなります。ダイナミックEQは、正しい周波数応答とサラウンドボリュームレベルを刻々と選択することで、ユーザーはどのボリュームでもオリジナルのリッチなサウンドのフルパレットを楽しむことができます。これは、入力ソースレベルからの情報を部屋の実際の出力サウンドレベルと慎重に組み合わせる最初のテクノロジーであり、ラウドネス補正ソリューションを提供するための前提条件です。

www.denon.com