カントンがCEDIA2008で新しいフロアスタンド+サウンドバーをデビュー

カントンは2008年後半に、フロアスタンドスピーカー、ブックシェルフスピーカー、サブウーファー、さらにはフラットHDTVアプリケーション用の新しいサウンドバーのまったく新しいラインで市場に登場します。 Canton Reference 3.2はボールの魅力であり、Revel、B&W、Wilsonの講演者にお金をかけさせる可能性があります。 続きを読みます





カントンが新しいフラッグシップスピーカーラインの最初のモデルをデビュー

カントンは、新しいフラッグシップスピーカーモデルであるリファレンスラインを発表しました。今から年末までに公開される4つのモデルで構成されます。 Canton Reference 3.2 DC高性能フルレンジスピーカーは、一般に公開された新しいリリースの最初のものです。 続きを読みます

インフィニティシステムズプレリュード40スピーカーがCEDIAExpo2008でデビュー

主要な発表で、インフィニティシステムズはその新しいフラッグシップスピーカーであるプレリュードフォーティをデビューさせることを誇りに思います。同社の40周年を祝うために作成され、スリムなプロファイルのスタイリングを特徴とし、Infinity独自のMaximum Radiating Surface(MRS)フラットパネルスピーカーテクノロジーなどの高度なInfinityエンジニアリングイノベーションを組み込んでいます。 続きを読みます



インフィニティシステムズがプレリュード40スピーカーを発表し、CEDIA Expo2008でカスタムインストールソリューションを紹介します

ハーマンのインフィニティスピーカーは、コロラド州デンバーで開催された2008 CEDIA Expoトレードショーで、インフィニティプレリュードフォーティオーディオファンフロアスタンドスピーカーを誇らしげに展示しています。これらの印象的なオーディオファンスピーカーは融合します 続きを読みます

RevelはフラッグシップUltima2シリーズスピーカーを表示します

ハーマンのハイエンドスピーカーラインであるRevelは、Revel UltimaSalon2と呼ばれる新しいフラッグシップスピーカー製品を発表しました。これらのペアあたり20,000ドルのオーディオファンスピーカーは、ベリリウムドームツイーターと素晴らしい仕上げを備えています。 続きを読みます



JBL、Inc。は、CEDIA Expo2008でカスタムインストールソリューションの幅広いラインナップを紹介します

CEDIA Expo 2008のブース580は、JBL Control NOWIndoorやJBLControl NOW AW Outdoorスピーカーなど、JBLのカスタムインストール製品とシステムの幅広いラインナップを紹介します。 ES250PWおよびES150PWワイヤレスサブウーファーとWEM-1ワイヤレス拡張モジュールを含むLSスピーカーも紹介されます。 続きを読みます





ラウドスピーカーデザイナーのジョセフ・ダポリト博士がスネルのチーフエンジニアになりました

デザイナーのJosephD'Appolitoは、その名前が実質的にペア垂直配列と同義であり、Snellのフルタイムエンジニアとして独占的に働くようになります。 D'Appolito博士は、SnellのシニアデザインエンジニアであるDavid Loganと緊密に協力して、新製品の開発を指揮します。 続きを読みます

Snellの新しいマーケティング戦略は、ディーラーと顧客向けのすべてのリスニングアプリケーションで「妥協のない」アプローチを明確に定義しています

「妥協なし」は、SnellAcousticsの新しいマーケティング戦略です。このスローガンは、設置場所や用途に関係なく、お客様に最高のサウンドを提供するという同社の取り組みを表しています。同社はまた、小売業者がショールームのフロアでスネル製品を紹介することを奨励する、積極的な2つの側面からなるディーラーインセンティブプログラムを開始しています。 続きを読みます



パラダイムがモニターシリーズv.6を発表

パラダイムのモニターシリーズの最新バージョンはv.6です。 v.5シリーズと同じテクノロジーがすべて含まれていますが、変更された位相コヒーレントクロスオーバー、新しい仕上げ、再設計された磁気グリルなどの新しいテクノロジーも追加されています。さらに、Titan Monitorには、リアポートと更新されたボイスコイルがあります。 続きを読みます