Klipschが新しいパワードスピーカーをリファレンスラインに追加

Klipschが新しいパワードスピーカーをリファレンスラインに追加
35シェア

Klipsch-Reference-Powered-Towers.jpgKlipschは、新しいパワードタワースピーカーと本棚モニターをリファレンスラインに追加しました。 R-28PFタワー($ 1,199 /ペア)は、デュアル8インチIMGウーファーと1インチリニアトラベルサスペンション(LTS)ツイーターをTractrixホーンに搭載し、260ワットのアンプで2倍に増幅しています。 R-14PMモニター(399ドル/ペア)は、80ワットのアンプで駆動されるTractrixホーンに4インチのIMGウーファーと0.75インチのLTSツイーターを備えています。どちらのモデルにも、デジタル入力とアナログ入力に加えて、ワイヤレスオーディオストリーミング用のBluetoothが搭載されています。両方のスピーカーが利用可能になりました。



クリプシュから
Klipschは、拡張されたReferencePoweredスピーカーシリーズのデビューを発表しました。プラグアンドプレイのラインナップには、2チャンネルタワーと革新的なテクノロジーを備えた追加のモニタースピーカーが含まれています。



「私たちは、プレミアムホームオーディオから複雑さと当て推量を取り除きました。これらのパワードスピーカーは、クリプシュが伝説的な大胆なサウンドと、地球上で最も簡単なセットアップと使用を組み合わせたものです」と、クリプシュグループ社の統合システム製品開発ディレクターであるアンドレラルースは述べています。

Klipsch Reference R-28PFパワードフロアスタンドスピーカーとR-14PMパワードモニターは、高価で複雑な外部電子機器やスピーカーワイヤーの必要性を排除しながら、パワフルで詳細なサウンドを提供します。スピーカーは、さまざまなデジタル、アナログ、ワイヤレス入力を利用して、あらゆるオーディオソースに数分で簡単にセットアップできます。パワードスピーカーは、ターンテーブル、コンピューター、およびTVに対応しており、24ビット/ 192 kHzのデジタル-アナログコンバーター(DAC)とRIAAでイコライズされたフォノプリアンプを備えています。また、任意のデバイスから直接音楽を再生するためのBluetoothワイヤレステクノロジーも含まれています。サブウーファー出力は、スピーカーとパワードサブウーファーを完全に融合させます。



Klipsch Reference R-28PFフロアスタンドスピーカーは、2チャンネルオーディオ構成でパワフルなサウンドを提供します。デュアル8 '銅紡糸磁気シールドIMGウーファー、Tractrixホーンの1'リニアトラベルサスペンション(LTS)、およびバイアンプ超低ノイズ260Wアンプは、システムパフォーマンスを最大化するようにカスタム設計されています。デジタルクロスオーバー、イコライザー、リミッターは、歪みのない高性能を実現します。

Klipsch Reference R-14PMパワードモニタースピーカーは、Tractrixホーンに1つの4 '銅紡糸磁気シールドIMGウーファーと0.75'LTSツイーターを備えています。また、システムパフォーマンスを最大化するようにカスタム設計された個別の超低ノイズ80Wアンプも組み込まれています。

ソニーssb3000ブックシェルフスピーカー

Klipsch Reference R-28PF(US MSRP $ 1,199 /ペア)およびR-14PM(US MSRP $ 399 /ペア)は、黒色の起毛ポリマー仕上げで入手できます。現在、一部の小売店およびKlipsch.comで入手できます。



追加リソース
• 訪問 クリプシュのウェブサイト 詳細な製品情報については。
•• Klipschが新しいAtmos対応スピーカーを発表 HomeTheaterReview.comで。