LyngdorfAudioが最初のマルチチャネルプロセッサを発表

LyngdorfAudioが最初のマルチチャネルプロセッサを発表

Lyngdorf-MP-50.jpgこの春、LyngdorfAudioは最初のマルチチャンネルAVプロセッサをデビューさせます。新しいMP-50は、ドルビーアトモス、DTS:X、およびAuro-3Dをサポートし、4KおよびHDCP2.2をサポートするHDMIステージを含みます。 MP-50は、Lyngdorfの特許取得済みのRoomPerfectルーム補正テクノロジーに加えて、内蔵ストリーミングオーディオ、バランスXLR出力、およびオプションの16チャンネルデジタルAES / EBU入力を備えています。 MP-50の希望小売価格は9,999ドルです。



パラダイムリファレンススタジオ20v2

LyngdorfAudioから
Lyngdorf Audioは、新しいMP-50サラウンドサウンドプロセッサの発表により、大胆にマルチチャンネルに移行できることを誇りに思っています。統合システムヨーロッパ(ISE)で初めて展示されたMP-50は、最新の没入型サウンドフォーマットとデジタルシネマサーバーを備えた小さなメディアルームから大規模な専用劇場まで、あらゆるもの向けに設計された洗練されたパッケージで最先端のシネマパフォーマンスを提供します。



Lyngdorf Audioが知られているコアテクノロジーに基づいて構築されたMP-50は、カスタムのボイシングツールと組み込みのストリーミングサービスに加えて、RoomPerfectの部屋補正、低音管理、シームレスなレベル調整を備えており、クライアントに最大限の柔軟性とパフォーマンス。

「私たちは、究極の値札なしで究極の体験を提供できる製品の市場での必要性を認識しています。 MP-50は、Lyngdorf Audioの創設使命に忠実でありながら、最高のパフォーマンスを提供します。目的を持ったテクノロジーを通じて、通常を超える大胆なアイデアを開発することです。」-Lyngdorf Audio、セールスディレクター、Flemming Smith



洗練されたミニマルな外観デザインとは対照的に、MP-50は印象的な機能の長いリストを提供します。機能のハイライトには、4Kおよび3Dビデオをサポートする最先端のHDMIステージと、ドルビーアトモス、DTS:X、およびAuro-3DをサポートするHDCP 2.2パワーアンプ用の16バランスXLR出力、32種類の音声ツールを備えたRoomPerfectが含まれます。個人の好みに完全に対応するEQは、組み込みのストリーミングオーディオサービスと、デジタルシネマサーバーと統合するためのオプションのDCI準拠の16チャンネルデジタルAES / EBU入力を処理します。

MP-50は、デンマークの優れたオーディオエンジニアリングの伝統を引き継ぎ、デンマークのスキーベにある工場本部で完全に社内で設計および製造されています。 Lyngdorf Audioは、すべてのエンジニアリングを社内に維持することで、長年の研究開発努力を活用することができます。その結果、最初の完全デジタルアンプ、ミレニアムアンプ、およびで最大の特許出願の1つなどの技術が著しく進歩しました。 RoomPerfectのオーディオ履歴。これらのコアテクノロジーは、今日、Lyngdorfの受賞歴のあるTDAI-2170統合アンプとその姉妹会社であるSteinwayLyngdorfに見られます。

nvidia-シールドTV16GBストリーミングメディアプレーヤー

MP-50は、2017年春に希望小売価格9,999ドルで発売されます。



追加リソース
•• Lyngdorf AudioTDAI-2170統合アンプのレビュー HomeTheaterReview.comで
• 訪問 LyngdorfAudioのWebサイト 詳細な製品情報については。