三菱ダイヤモンドシリーズHC6800LCDプロジェクターレビュー

三菱ダイヤモンドシリーズHC6800LCDプロジェクターレビュー

mitsubishi-hc6800-projector-review.gif 三菱 の新しいHC6800LCDプロジェクターは、同社のホームシネマラインナップのトップ近く、HC7000のすぐ下にあります。どちらのモデルも、三菱の最先端技術を駆使したダイヤモンドシリーズの一部です。 HC6800は 1920 x1080プロジェクター 3LCDテクノロジーを使用しており、定格ダイナミックコントラスト比は30,000:1、定格光出力は1,500ANSIルーメンです。 (比較すると、ステップアップHC7000は72,000:1のコントラスト比と1,000 ANSIルーメンをリストしています。)HC6800の機能リストには、Silicon Optix Reon-VXビデオ処理チップ、高速自動アイリス、電動セットアップコントロール、およびデュアル 2.35:1画面で使用するアナモルフィックモード とアドオンのアナモルフィックレンズ。



追加リソース





• 読んだ その他のプロジェクターレビュー HomeTheaterReview.comのスタッフから。





• を見つける HC6800に最適な画面

•について読む アナモルフィックレンズシステム HC6800を最大限に活用するのに役立ちます。



価格の面では、HC6800はやや灰色の領域に着陸します。希望小売価格は3,495ドルで、技術的には中級クラスの1080pプロジェクターに分類されます。ただし、実際の実売価格は2,500ドル未満とはるかに低く、エントリーレベルの1080pカテゴリに近いものです。

フックアップ
HC6800は、現在市販されている多くのボックス型プロジェクターよりも魅力的なデザインで、曲線的なキャビネットと光沢のあるブラッシュドチャコール仕上げが施されています。電源、メニュー、ズーム/フォーカス、レンズシフト、ナビゲーションのボタンを含むトップパネルのボタンは、フリップアップパネルの下に隠されています。接続パネルには、2つのHDMI 1.3、1つのVGA、1つのコンポーネントビデオ、1つのSビデオ、1つのコンポジットビデオ、およびRS-232と12ボルトのトリガーポートのすべての望ましい入力が含まれています。付属のリモコンには専用の入力ボタンがあり、多くの一般的な画像調整に直接アクセスできます。リモコンも完全にバックライト付きですが、バックライトをオンにするボタンがありません。リモコンを照らすには、任意のボタンを押す必要があります。これは、暗闇の中で特定のボタンを探しているときに、バックライトの目的を無効にします。





三菱は、画像のサイズと焦点をできるだけ簡単にするためのセットアップツールの素晴らしい品揃えを含んでいますが、仕様は私の参照エプソンモデルのオプションほど完全ではありません。 HC6800は、さまざまな天井/卓上配置と画面の高さに対応するために、十分な垂直レンズシフト(+/- 75パーセント)を備えていますが、水平レンズシフトは+/- 5パーセントしかないため、中心から外れたプロジェクターの配置を処理する柔軟性はほとんどありません。 。私の劇場の部屋では、プロジェクターは、画面から12.5フィート離れた、部屋の後ろの中心から少しずれた場所にある垂直機器ラックの上にあります。 HC6800の水平レンズシフトは、画像を画面の中央に配置するのに十分ではありませんでした。同様に、HC6800の1.6倍ズームは、多くのプロジェクターで見られるよりも優れていますが、画像を私の小さな75インチの対角スクリーンに縮小するのに十分なズームを提供していませんでした。画面上に画像を完全に配置するには、機器ラックを1フィート前後に物理的に移動する必要がありました。プラス面では、三菱のズーム、フォーカス、レンズシフトのコントロールはすべて手動ではなく電動式で、リモコンまたはプロジェクターのトップパネルボタンで調整できます。その他のセットアップ機能には、手動で調整可能な2つの脚、キーストーン補正、リアプロジェクションセットアップ用の画像反転機能、およびサイズ設定とフォーカスを支援する画面上のハッチングパターンが含まれます。

画像調整に関しては、HC6800は重要なコントロールのほとんどを備えています。プリセット画像モードの代わりに、4つのプリセットガンマモード(オート、スポーツ、ビデオ、シネマ)と、低、中、赤、緑、青のレベルを個別に調整できる優れた高度なガンマメニューがあります。 、および高信号。メニューには、4つの色温度設定(高輝度、クール、ミディアム、ウォーム)と、色温度を微調整するための高度なホワイトバランスコントロールも含まれています。シネマガンマモードと完全に暗い部屋の暖かい色温度を使用しました。また、周囲光のある部屋の高輝度色温度も実験しました。 HC6800には、6つのカラーポイントすべてを正確に調整するための高度なカラーマネジメントシステムがありませんが、この機能は実際には必要ないことがすぐにわかります。画像の明るさに関しては、プロジェクターには画面上のコンテンツに合わせて光出力を自動的に調整するアイリスがあり、セットアップメニューには自動アイリスをオンまたはオフにして速度を指定する機能が含まれています(1から5、3はデフォルト)。低と標準の2つのランプモード設定もあります。ノイズリダクションは、標準解像度のソースでのみ使用できます。 HC6800では、特定の入力内で解像度ごとに異なる画像パラメータを設定することはできませんが、入力ごとに3つのAVメモリ設定を取得できるため、必要に応じて異なるパラメータを設定して保存できます。





アスペクト比のオプションには、自動、16:9、4:3、ズーム1、ズーム2、ストレッチのほか、2.35:1画面とオプションのアナモルフィックレンズで使用するために設計された2つのアナモルフィックモードがあります。アナモルフィックレンズを使用すると、上下に黒いバーがないCinemaScope / 2.35:1ムービーを表示できるため、黒いバーを再現するために解像度を無駄にすることはありません。三菱には2つのアナモルフィックモードが含まれているため、標準の16:9ソースに戻るときに邪魔にならないように移動する必要があるスライドアナモルフィックレンズを使用する必要はありません。アナモルフィックモード1は、アナモルフィックレンズに合わせて画像を垂直方向に引き伸ばし、アナモルフィックモード2は、レンズを配置したまま16:9コンテンツを正しく表示するために画像を水平方向に圧縮します。

最後に、HC6800のセットアップメニューでは、480i、720p、1080i、および1080pコンテンツに対してさまざまな量のオーバースキャンを選択できます(またはまったく選択できません)。これは、1080pソースではオーバースキャンは望ましくありませんが、480i、720p、および1080iテレビコンテンツを表示するときに、放送信号のエッジ周辺のノイズをカットするためにオーバースキャンが必要になる場合があるため、便利です。

パフォーマンス
HC6800を最初に使用したときは、プロジェクターのデフォルト設定に最小限の変更を加えました。私は単に最も劇場に優しいプリセット(シネマガンマモードと暖かい色温度)に切り替えて、完全に暗い劇場の部屋でいくつかのHDTVとBlu-rayソースをチェックしました。最小限の調整でも、HC6800は全体的なコントラストが良好な心地よい画像をレンダリングします。すぐに私を驚かせたのは、写真がどれほどきれいで自然に見えるかでした。画像には心配するノイズがほとんどないため、メニューにHDコンテンツのノイズリダクションオプションがないことは問題ではありません。スキントーンはニュートラルに見​​え、色は過飽和になることなく豊かでした。対角75インチのエリートスクリーンと組み合わせると、HC6800は、より明るいHDTV画像にポップで彩度を吹き込むための十分な量の光出力も備えており、その詳細レベルは素晴らしかったです。

HC6800のパフォーマンスの詳細については、2ページをご覧ください。

mitsubishi-hc6800-projector-review.gif

HC6800のデフォルト設定では素晴らしい画像が生成されますが、Digital Video Essentials(DVD International)などのテストディスクを使用した基本的な調整からプロジェクターが恩恵を受ける領域がいくつかあります。箱から出してすぐに、プロジェクターは少しエッジ強調に悩まされ、細かい白黒のディテールを押しつぶします。 HC6800のデフォルトのシャープネス設定では、ハードエッジの周囲にリンギングが見られます。シャープネスコントロールを下げると、これを簡単に修正できます。ただし、コントロールを低く設定しすぎると、画像が柔らかくなるため、バランスをとる必要があります。黒のディテールに関しては、HC6800は、明るさの制御を調整するために使用するDVEの「グレースケール付きプラグ」テストパターンに黒いバーを表示しませんでした。メニューを調べた後、[機能]メニューに[設定]というオプションがあり、自動、オフ、3.75、および7.5の黒レベルがあります。デフォルトの「自動」設定は、HDコンテンツで黒のディテールを表示しますが、480i / 480pコンテンツでそれをつぶします。「オフ」設定のみが、すべての解像度を確認するためにPLUGEパターンを表示します。同様に、HC6800のデフォルトのコントラスト設定では、細かい白いディテールがわずかにつぶれるため、数回クリックするだけでコントラストを下げることができます。

これらの基本的な調整を行った後、DVD、HDTV、およびBlu-rayソースを使用したいくつかのデモに落ち着きました。中価格のエプソンプロシネマ7500UBを参考にしました。 (エプソンの希望小売価格は4,199ドルで、三菱の希望小売価格よりも約700ドル高いだけです。ただし、エプソンは希望小売価格に近い価格で販売されていますが、三菱ははるかに安い価格で販売されています。)多くの分野で、HC6800の写真はそれに非常に似ています。より高価なエプソンの:両方とも豊かであるが一般的に自然な色(ミッツの緑はおそらくより正確な色合いでした)、ニュートラルなスキントーン、そして優れたディテールを提供します。三菱の暖かい色温度は、明るい信号では少し暖かく、暗い信号では少し涼しく、緑のプッシュでした。ただし、違いは微妙でした。暗い劇場の部屋に合うように構成された各プロジェクターでは、2つの間の光出力はほぼ同じであったため、HDTVまたはBlu-rayのどちらの明るいシーンでも、同等のコントラストが得られました。

2台のプロジェクターが分岐するのは黒レベル部門です。 HC6800の黒レベルは、より安価なLCDモデルとしては堅実ですが、ステップアップエプソンモデルほど深くはありませんでした。その結果、暗いHDTV、DVD、およびBlu-rayシーンは少しフラットに見え、色あせて見え、画面の黒い領域はより灰色に見える傾向がありました。まともな黒レベルを達成するために、HC6800はその自動アイリスに大きく依存しています。オートアイリスをオフにすると、黒レベルが著しく上昇しました。残念ながら、アイリスを使用してデフォルトの速度3に設定すると、ボーンスプレマシー(ユニバーサルホームビデオ)のオープニングシーンで画像の明るさの変動がはっきりとわかりました。アイリスを最高速度の設定(5)に上げたところ、より効果的であることがわかりました。特にトリッキーなシーンではまだ多少の変動が見られましたが、全体的に速度が速いため、必要な改善が行われました。プラス面として、オートアイリスは動作が静かなので、気が散ることはありません。

オープナーで述べたように、HC6800はSilicon OptixのReon-VX処理チップを使用しており、その結果、インターレース解除部門とアップコンバージョン部門の両方で優れたパフォーマンスを発揮するプロジェクターが実現しました。 1080iコンテンツでは、HD HQVベンチマークBlu-rayディスク(Silicon Optix)のすべての処理テストに加えて、ミッションインポッシブルIII(パラマウントホームビデオ)とゴーストライダー(ソニーピクチャーズホーム)の実際のデモに合格しました。エンターテインメント)Blu-rayディスク。 480iの領域では、テストディスクと実際のシーンの両方で、インターレース解除テストに再び合格しました。ジャギーやその他のデジタルアーティファクトは問題ではありませんでした。HC6800は、SDコンテンツのアップコンバージョンにおいて、実際にはエプソンよりも優れた仕事をし、より詳細に見える画像を生成しました。このプロジェクターにBlu-rayプレーヤーから真の24p信号を供給する場合、HC6800は48Hzで信号を出力します。つまり、各フレームが2回表示されます。これにより、60Hzでフィルムコンテンツを出力するために使用される従来の3:2プロセスよりも、わずかに滑らかな動きとジャダーが少なくなります。

HC6800がエプソンに勝る明らかな利点の1つは、ノイズレベルにあります。エプソンのファンはやや騒々しいです-そしてその高高度モードではさらに大きくなります。プロジェクターが過熱しないように5,000フィートで使用する必要があります。対照的に、HC6800は、明るいモードでも非常に静かであるため、プロジェクターを座席エリアの近くに配置する必要がある人に適しています。このモデルには高高度モードがないことは注目に値しますが、私は過熱に問題はありませんでした。ただし、はるかに高い高度に住んでいる場合は、問題になる可能性があります。

低い点
HC6800は、2,500ドル未満の価格クラスのプロジェクターで非常に優れたパフォーマンスを発揮しますが、次の価格レベルに移行したときに見られるパフォーマンス範囲に欠けています。上で述べたように、暗い光源では、HC6800の黒レベルとその結果のコントラストは安定していますが、例外ではありません。一般に、価格チェーンを上に移動すると、黒レベルが向上し、コントラストが高くなり、映画鑑賞のためのより豊かで劇場にふさわしい画像が得られます。たとえば、ステップアップHC7000は、コントラスト比が高く、光出力が少ないため、専用の劇場環境でより深い黒を作成できます。

スペクトルの反対側では、最高の光出力(標準ランプモード、高輝度色温度)に構成されている場合、HC6800は視聴可能な画像を生成しますが、他のいくつかのモデルほど明るくも正確でもありません。明るい表示スペースで使用するために特別に設計されています。高輝度モードでは、色温度がかなり低くなり、白が強調されます。画像全体に青みがかった緑色のキャストがあり、このモードで高度なホワイトバランスコントロールを使用してこれらの問題に対処することはできません。上で述べたように、明るい部屋でコンテンツを表示するために最も明るいモードに設定されたプロジェクターについて具体的に話していることを強調しておきます。HC6800の映画に適した構成の光出力は非常に優れています。ただし、かなりの量の周囲光がある部屋で多くの表示を行う予定の場合は、そのタスクにより適している可能性のある他のプロジェクターがあります。

モーションブラーはLCDプロジェクターで懸念される可能性があり、この問題はHC6800でも発生します。私のFPDSoftware Group Blu-rayディスクを使用すると、三菱はすべての解像度テストパターンでかなりの量のブラーを表示しました。同様に、動きの速いスポーツコンテンツでは、多少のぼやけが見られました。さらに、HC6800は120Hzモードを提供していません。これは、より多くのプロジェクターに登場し始めています。 HC6800には、24p信号の48Hz出力以外に、モーション補間を使用してフィルムベースのソースのジャダーを排除する「スムーズ」モードがありません。私はモーション補間(特にプロジェクターからの大画面画像)のファンではないので、個人的にこれが欠点であるとは思いませんが、一部の人々はそれがないことを欠点と考えるかもしれません。

人間工学部門では、水平方向のレンズシフト機能が制限されているため、プロジェクターを中心から外して配置する必要がある状況に対応する柔軟性が低くなります。最後に、HC6800が点滅します。
解像度を切り替えたり、ディスクを頭出ししたりすると、画面に「ignal」というメッセージが表示され、気が散ることがあります。また、本機の電源を切ると、控えめに言っても、すばやく明るく真っ白な画面が点滅します。

どんな電話を持っていますか

結論
Mitsubishi HC6800は、さまざまなソースタイプで、心地よくクリーンで自然で詳細な画像を提供する優れたパフォーマンスを発揮します。このプロジェクターは、劇場の部屋で多くのHDTVコンテンツを視聴する予定の人に特に適していますが、2.35:1の画面とアナモルフィックレンズを組み合わせたい予算の映画愛好家にとっても手頃な価格のオプションです。 。それは接続、画像調整、および電動セットアップツールの素晴らしいセットを提供し、それは非常に静かです。 2,500ドル未満の実売価格で、HC6800はパフォーマンス、機能、および価値の優れた組み合わせを表しており、一見の価値があります。

追加リソース

• 読んだ その他のプロジェクターレビュー HomeTheaterReview.comのスタッフから。

• を見つける HC6800に最適な画面

•について読む アナモルフィックレンズシステム HC6800を最大限に活用するのに役立ちます。